まっくろせかい - 零版

幻想的〝芸術解題〟集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祈りが言葉に変わる頃


私はネット配信を通じて音楽を購入することなどめったにないのだが、
鬼束ちひろの 『 祈りが言葉に変わる頃 』 は、昨年なぜか購入した。
こういうのを 「 魔がさした 」 というのだろうか。


この曲は、2014年6月に公開されたホラー映画 『 呪怨 -終わりの始まり- 』 の主題歌で、2014年5月28日から配信のみでリリースされている。
映画のテレビCMのバックで何やらゴニョゴニョと流れていた、あの曲だ。

映画の舞台挨拶に登場した鬼束ちひろの言によれば、エンドロールで席を立った観客は鬼束御本人に呪っていただけるそうだが、この曲はむしろ購入したほうが呪われそうな気がする。
わざわざ自分のパソコンに呪いをダウンロードするようなものではないか。


ジャケ写では、映画に登場する 「 トシオ 」 が鋭い視線をこちらに向けている。

すでに一部で指摘されていることでもあるが、 『 祈りが言葉に変わる頃 』 というタイトルは、宇多田ヒカルの 『 誰かの願いが叶うころ 』 と語呂がゼッタイに似てると思うのだけれど、少しくらいは意識したのだろうか。


祈りが言葉に変わる頃


キャラの激変ぶりが一時巷で話題となった鬼束ちひろだが、
昨年10月30日放送のフジテレビ系バラエティ番組 『 アウト×デラックス 』 では、

「 曲作りは趣味みたいな領域になってるんで、あんまり苦労しないです。(中略) 昔からですよ。あんまり苦労しません、曲書くには 」 と語っていた。


そんな鬼束の書いた今回のこの作品は、ホラー映画の主題歌らしく陰惨なムードを前面に出したものとはなっているが、デビュー当時の彼女を思わせるような聖的で孤高なイメージは取り除かれ、むしろ血生臭いなかにも、地上に降り立った鬼束のナマの息づかいが感じられるような世界を構築している。
言い換えれば、純粋にアーティスティックなものにこだわらず、エンターテインメントの部分を意識的に多く取り混ぜた作品となっているように思う。



曲は、ピアノの単調なメロディがねっとりと憑き纏うなか、
湿った恍惚感を伴うような、もつれ気味の歌唱から始まる。

かすれた光
どうか消さないで
影が見えなくなる
どうかふみつけないで


そして

忍び寄る 足跡 ゆっくりと
忍び寄る 足跡 ゆっくりと
忍び寄る 足跡 ゆっくりと


呪わしく繰り返される不気味なフレーズ。
「 ゆっくりと 」 のあとの息を抜く感じが執拗に追い立てる。
忍び寄るものが足音ではなく 「 足跡 」 であるのも不吉な表現だ。

貴方の心臓を食べる時
どうかどうか振り向かないで
貴方の三日月にのぼる時
どうかどうか振り向かないで


露骨にグロテスクな 「 心臓を食べる時 」 という表現と、
遠まわしで暗示的な 「 三日月にのぼる時 」 という表現を使って、
ただならぬ領域に足を踏み入れてしまったことを物語るかのようだ。

ほかにも 「 薬芽(くすりめ)にからまる 」 や 「 空洞をむさぼる 」 など
残酷な中にもエロティシズムを暗示するような描写が意図的に駆使されている。


不気味で難解な作品ではあるが、
鬼束の歌おうとしたテーマを端的に表わすとすれば、
おそらくそれは、恐怖とエロスであろう。


映画 『 呪怨 -終わりの始まり- 』 は、はてしなく続く救いのない物語であり、観客は次々と絶望の光景を突きつけられるが、そのなかにあって唯一の救いとも言えるのが、佐々木希演じる新人教師・結衣の無垢な美しさではないかと思う。
そんな結衣も最後には 「 究極の絶望 」 を目のあたりにすることになるのだが、その狂った世界の中で なおも生かされ続けるであろう彼女の残酷な運命は、ひとつの歪んだエロティシズムの完成形とも言えるのではないだろうか。


その意味では、主題歌 『 祈りが言葉に変わる頃 』 は、映画本編の背後に隠された陰のモチーフを、仄かに照らし出す妖しい光のような作品というべきかもしれない。

だからこそ、エンドロールでゆめゆめ席を立つことなかれ。
その惨劇の本当の意味を見逃さないためにも。






  1. 2015/02/21(土) 22:10:09|
  2. 音楽
  3. | コメント:0
<<つのだじろう 『 虫 』 | ホーム | 乞食の話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ねたろう

Author:ねたろう
なにもない人間です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
世界 (1)
漫画 (2)
音楽 (4)
映画 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者数

QRコード

QR

タグの検索

亡霊学級 つのだじろう  鬼束ちひろ 呪怨 祈りが言葉に変わる頃 終わりの始まり 佐々木希 森川美穂 姫様ズーム・イン 森まどか 小泉今日子 ねえ・ねえ・ねえ 私の16才 沢田聖子 オペラグラスの中でだけ 村田恵里 宮崎あおい 二階堂ふみ ヒミズ 谷山浩子 miwa 紙ひこうき カスミン 鏡の中のあなたへ あたしの恋人 三つ編み様 ミステリマガジン 高橋葉介 もののけ草紙 “人外”な彼女 手の目 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。